見映えの追求

痛み改善率93%

プライベートスタジオ『BeFive』


栄養と食事

近年、栄養や食事について様々な情報が溢れています。それだけ世間の関心が深まっているという証拠なんですね

 

様々な理論やメソットが多くあり、どの情報を参考にすれば良いのか…

悩んでしまうところですよね。

 

1日1食しか食べない人や1日の食事が5回の人がいたり…

正解がよくわからないですよね。

 

そこで、

私なりの考えです。(非常にシンプルです)

 

それは、

食事する目的で違うということです。

 

内臓疲労の回復が目的なら…

1日の食事回数は少ない方がいいです。

 

筋肉をつける目的なら…

1日の食事回数は多くした方がいいです。

 

このように目的により変わってきますが、それよりも重要なポイントが3つあります。

 

それは、

いつ(食べる時間帯)

どんなものを(食品類・飲料水類)

どのように(調理方法)

というものです。

 

この3つの項目の中でも、

どんなものを食べるのか?をまず最初に取り組んで頂きたいです。

 

なぜならば…

食べるもので成果が決まりやすいからです。

いわゆる食べ物の質です。

 

生きるためにはエネルギーが必要です。

 

そして、エネルギーを作り出すための燃料が食事です。

 

エネルギーの材料が質の悪いものだったらいかがでしょうか?

 

例えば…

車に質の悪いエンジンオイルを使い続けると故障しやすく、エンジンは長持ちしにくい。

また、質の悪い材料のTシャツは首元がすぐにヨレヨレになり破れやすい。

 

食事もこれらと同じような事が言えると思います。

 

質の悪い材料から良いエネルギーを作ることは難しいですね。

 

質の悪い材料を控える or 絶つことにより身体が常に健康にいられるのではないか?と考えています。


栄養に関しては、サプリメントなども必要に応じて使用していくのも1つの手です。子供にも安心して与えることのできる、本物のサプリメントを紹介することもできます。


オススメ方法

【朝食はフルーツと豆乳ココア】

 ※フルーツ=無農薬で季節ものがベスト

 ※豆乳ココア=無調整で純ココア

【昼食は食べたいもの】

 ※咀嚼30回以上

 ※水分は食事中しない

【夕食は腹5分目】

 ※お魚中心

 ※20:00までに済ます

 

※身体は十人十色です。

 こちらの内容はあくまでも提案です。


成果について

人間は顔も骨格も違います。

それぞれのスペック(能力)も違います。

そんためにはオーダーメイドなプログラムを提案させて頂くことで、最適な期間で身体は変化していきます。


ご不明な点は

お問い合わせへどうぞ

 

 

コンテンツ一覧は

コチラからどうぞ